デイユースを利用した旅行法

デイユースとは

みなさんも旅行好きな方は多いと思いますが、よりお得に出かけることができるプランとしておすすめしたいのが「デイユース」です。
これは意外と旅行をよくする人でも知らないことが多いので、今回はどんなときに使うと便利か、ということを説明していきたいと思います。

まず「デイユース」とは何かということから説明をすると、ホテルの客室を日帰りで利用できるというプランのことです。
特に長距離の移動をされたことがある人にはわかってもらえると思いますが、公共交通機関のダイヤの関係で、非常に長い待ち時間を過ごさないといけないことがあります。

しかし一般的なホテルではチェックイン午後3時からとなっているので、長距離の移動で疲れているのにゆっくりと過ごすことができないという問題が出てくるものです。
そんな時にデイユースできるホテルなら、きちんと整えられた客室で休憩ができます。

また、デイユースの場合は宿泊を伴わないことで利用料金が一泊料金よりもかなり安く、宿泊をするにはちょっと手が出ないかなと思えるような高級ホテルもリーズナブルなケースが多いですね。
都内では意外にも超高級ホテルのプランとしてデイユースが用意されていることもあり、旅行だけでなく気分転換などとして部屋を使うこともできるようになっています。

シティホテルやビジネスホテルの場合、シャワーやベッドなどの基本的な設備だけでなく、テレビやオンデマンドの見放題ビデオプラン、さらに無線LANでのインターネットや大浴場・スパがついていることも多く見られます。
日帰りでちょっと旅行気分を味わいたいというときにもおすすめですね。

高級ホテルのお試しにいいですね

私が個人的にデイユースを初めて利用をしたのは京都に旅行に行った時で、昼間観光をして疲れたときの一休みとして使ってみました。
帰りの便が夜だったこともあってどこかで時間を潰すことになったので、京都タワーホテルのデイユースプランを使って京都の高級ホテル体験をしてみたのです。

京都タワーホテルと言えばJR京都駅から徒歩2分の有名なところで、内部には有名なレストランもあります。
京都タワーホテルのデイユースプランは12:00~12.30の間のチェックインで、17:00まで利用をすることができるようになっており、実際に客室として使用されているところを利用できました。

自分で部屋タイプを選ぶことはできませんが、さすが高級ホテルということもあってかなし内装が豪華で、短い時間でしたが高級ホテル体験をすることができました。
料金もかなり安く、せっかく京都に来たのに満喫などで時間を潰すというようなこともなく済みましたよ。

最近では旅行ではなく近くでデイユースをしているホテルを利用してみようかと考えているところで、たまった仕事を片付けたい時やちょっと気分を変えてみたいという時の行き先になっています。