診療放射線技師

放射線を用いて検査や治療

診療放射線技師の仕事は、医師の指示のもとで、放射線を用いて検査や治療を行なうことです。
たとえばレントゲン検査も放射線を用いた検査であり、診療放射線技師が扱います。
放射線は正しく用いないと、人体に害を及ぼしますので、放射線の専門家の診療放射線技師と医師、さらには歯科医師しか扱うことは出来ません。

医療の専門化が進んでいますので、放射線検査は、ほとんどの場合診療放射線技師が行ないます。
病院や診療所での勤務が一般的であり、放射線を専門に扱いますので、原子力発電所や研究所などでも技師として働くことがあります。

検査としては、レントゲン撮影のみならず、骨折などで行なうX線撮影もあり、その他にも乳房X線検査のマンモグラフィ、造影剤を使う造影X線検査、CT検査、MRI検査、超音波検査なども、診療放射線技師の仕事です。
微量の放射線物質を使った診断のラジオアイソトープ検査、がん細胞を破壊する放射線治療も担当します。

特に放射線治療は重要であり、高齢化と日本人の死因の1位ともなっている病気が癌であり、その治療方法の放射線治療はとても重宝されます。
これは癌患者様のがん細胞が発生している部分に、放射線を照射し、がん細胞を破壊する治療方法です。
この放射線治療は医師以外に、診療放射線技師しか行なうことが出来ません。
治療では、体のどの部分に放射線を照射するのか、またどれぐらいの線量を、何回照射するのか、などというのも重要です。
的確にがん細胞に照射しないとならず、場所がずれると健康な細胞を破壊し、また照射を多くすると体にも害を及ぼす危険があるので、とてもシビアな治療方法です。

診療放射線技師の資格取得方法

診療放射線技師は、診療放射線技師国家試験に合格しないと資格は得られません。
ただ試験は誰でも受けられるわけでなく、放射線技師の養成課程のある、短大や専門学校、大学で学ばないと、試験資格は得られません。
全国に学校は17校あり、短大は私立の1校のみとなっています。
大学や短大以外にも、養成課程のある専門学校でも学べます。

学校では、一般教養課程や基礎科目以外に、核医学検査技術学や放射線治療技術学などの放射線関係の科目も学びます。
仕事をするとなると、技術が求められますので、学校では実習が多いです。
最近は放射線に関する意識も一般の人でも高まっており、放射線治療を受けるとなると、やはり不安となることが多いです。
そのために、診療放射線技師は、そのような検査や治療を行なうときは、患者様にしっかりと正しく説明し、理解してもらえるようにしないとなりません。
マンモグラフィなども行ないますので、最近は女性の技師の需要も高まっています。