保健師

人々が健康に暮らせるようにサポートする

保健師の仕事は、人々が病気になるのを防ぎ、心身共に健康に生活できるように手助けするのが仕事です。
医師や看護師は治療を行ないますが、保健師はそのような怪我や病気の予防、さらには健康増進を進めます。
仕事で対象とするのは乳児から高齢者までと幅広く、これらの人々に対し、健康診断を行なったり、病気の予備状態を発見し、適切な食事や生活指導を行ないます。
これによって病気になることを防ぎ、健康に暮らせるようにサポートするのです。

さらには健康に関すると知識を広める、場合によっては医療機関への受診を勧めることもあります。
業務内容は、健康診断に予防注射、さらには健康相談や検診などと幅広いです。
病気ではないかと心配している人の相談、自分の子供は大丈夫かという相談なども行ないます。
年齢やその人の状況によっても、相談内容は変わり、アドバイスも適切に行なわないとなりませんので、幅広い医療や健康に関する知識が求められます。

活躍の場所は多数あり、以下の3つの場所に分けられます。
・保健所や市役所で働く場合の行政保健師
・企業では医務室または健康相談室で働く場合の産業保健師
・学校では保健室で働く場合の学校保健師

行政保健師としては、公務員として働きますので、それほど募集は多くなく、また公務員試験に合格しないと、仕事は出来ません。
産業保健師は、企業で働く保健師の方であり、やはりこちらもそれほど募集は多くなく、大企業などでう募集があります。
学校保健師も、やはりこちらも募集は少なく、教員免許の必要な養護経論とは違う職業になります。

さらには看護師の資格を持ってないと取得できない仕事なので、看護師の資格を活かして病院で働く人もいます。
保健師全体の状況を見ると、やはり全国では市町村で行政保健師として働く方が多く、その次に保健所で働く方が多いです。

保健師の資格取得方法

保健師になるには、保健師の国家試験に合格しないとなりません。
しかしながらこの試験を受けるためには、看護師の資格を得てないといけないので、まずは看護師の資格を取得しないとなりません。
看護師を養成する専門学校や短大、大学に通い、卒業後に看護師国家試験を受けて、合格して看護師の資格を得ます。

さらに保健師になるためには、保健師の養成学校に通わないとならず、指定の学校に行く必要があります。
ただし、看護大学や看護専門学校では、卒業と同時に看護師と保健師の両方の受験資格を得られるところもあり、時間を短くするならば、このような学校に行くべきです。
ただし看護師と保健師の試験は同時には受けられませんので、看護師の試験、次に保健師の試験を受けるような形になります。