細胞検査士

細胞病理検査を行なうのが仕事

細胞検査士は、病院などで細胞病理検査を行なうのが仕事であり、細胞病理検査とは、医師が採取した細胞の一部を顕微鏡で観察し、癌細胞を早期発見します。
医師の指示のもとで臨床検査を行なっていきます。
病院などでの病理検査室や検査センターなどで専門に細胞の検査を行ないます。
またがん細胞の他に、異型細胞や異形成細胞などの発見も重要であり、細胞を検査することで、さまざまな病気を発見します。

ただ細胞検査士の仕事は細胞を検査するのみならず、病理検体の受付や登録、標本の作製から管理保存、検査結果の精度管理まで、検査から保存までをすべて担当します。
仕事内容をみると、事実上は臨床検査技師とも言えます。

実際に仕事をするとなると、行なうことは医師が採取した細胞の一部を、1日中顕微鏡で検査することであり、これをスクリーニングと言います。
肉眼では見ることの出来ないような細胞を見て、がん細胞や病気の細胞があるかどうかを探すのが仕事であり、決してそのような細胞を見逃してはいけませんので、集中力も求められます。
顕微鏡をずっと見ていますので、地道な作業を黙々と続けなければならず、その中で正確にそして精密に細胞を探さないとなりません。

もしも仕事をするとなると、平均年収は400万円程度であり、決して高いとはいえません。
検査センターならば正社員の採用の場合が多いですが、病院では契約社員やアルバイトとしての採用が多いです。
ただこのような細胞検査士としての募集は少なく、狭き門の職業となっています。

細胞検査士の資格取得方法

細胞検査士の資格を取得するには、公益社団法人日本臨床細胞学会が認定する資格を取得しないとなりません。
認定試験には受験資格が必要であり、それには2つの方法があります。
「臨床検査技師」または「衛生検査技師」の資格を取得し、細胞検査士として1年以上の実務経験を積むことです。
ただし現在は衛生検査技師の資格は取得できないので、臨床検査技師の資格を取得することになります。
もう1つは、細胞検査士養成の大学を卒業することです。

これによって受験資格を得られ、年に1度1次試験と2次試験がありますので、これらの試験に合格すると資格を得られます。
また仕事を行なう場合は、ほとんどの職場で、臨床検査技師の資格も必要となります。
実際に仕事をするとなると、募集は少ないので、簡単に職場が見つかるようなことは少ないかもしれません。
専門職ながらも給料は低く、勤務先によっては当直もあります。
その反面、仕事を通じて、患者様のがん細胞や病気の細胞などを発見し、いち早くその人の病気の兆候を見つけるという使命もあり、とてもやりがいのある仕事です。