介護看護師の夜勤

生活リズムが逆転

看護師の仕事といえば夜勤をイメージする方は多いでしょう。
病院で勤務している看護師は入院患者の面倒を見なければいけないため、どうしても夜勤が必要となるのです。
夜、普通であればみんな寝ている時間に働くことになるため、心身に大きな影響を受けてしまうでしょう。

看護師の夜勤が一体どういうものであるのか理解することは大切です。
まず、夜勤を続けていると生活のリズムが狂ってしまいます。
夜勤明けに眠る場合は昼間に睡眠を取ることになるため、通常とは生活のリズムが逆転してしまいます。

基本的にずっと夜勤で働き続けるわけではなく、日勤と夜勤を繰り返すことになるため、生活のリズムは常に変化してしまうでしょう。
ある日は昼間に寝て、その次の日は夜に寝るという生活習慣になる可能性もあるのです。
生活習慣は非情に不規則となるため、プライベートに大きく影響するでしょう。

たとえば、恋人や友人、家族などとは生活時間が合わなくなります。
デートをしたり、遊びに出かけようと思ってもなかなか予定を合わせることができなくなるのです。
また、子育てをしている方にとっては看護師で夜勤をしながら働くのは大きな負担となるでしょう。

夜勤は少人数体制で仕事をするのですが、緊急時には少ない人数で対処する必要があるため、責任は大きいです。
基本的には緊急事態が生じないことの方が多いのですが、患者の様態が急変したり、緊急で手術をしなければいけないこともあります。
夜勤であっても常に気を張りながら仕事を続けなければいけません。

夜勤の良いところ

上記のように夜勤には大変なところがたくさんあるのですが、もちろん良い点もいくつかあります。
まず、夜勤明けは必ず仕事がありません。
夜勤から続いて日勤をさせるような職場はないため安心しましょう。

そのため、夜勤明けに用事を済ませるということが可能です。
たとえば、日勤で仕事をしていると銀行へ行ったり、郵便局へ行くなどの用事を済ませることは難しくなります。
夜勤明けならば平日の昼間であっても時間的に余裕があるため、自由な時間が生じます。

また、夜勤の最も大きなメリットは夜勤手当をもらえることです。
看護師の給料が高いとされていますが、その大きな理由は夜勤手当がつくからなのです。
夜勤手当がもらえる理由は、夜勤をすることは大きな負担となり、生活が不規則になりやすくつらい働き方だからです。

夜勤をしながら働くことによって給料はどんどん高くなっていきます。
このように夜勤にもメリットは存在しているため、必ずしも完全に悪いことばかりだと決めつけるべきではないでしょう。
看護師を目指す方は夜勤について真剣に考えておきましょう。