介護看護師の年収

どれくらい稼げるのか

看護師の仕事をしていてよく聞かれることは一体どれくらい稼げるのかです。
皆さんの看護師のイメージとして高給取りであると思っている方はたくさんいるようです。
実際の看護師の給料は同年代の方々と比べるとやはり高い傾向があります。

たとえば、現在20代後半の私でも月に30万円近くもらっており、年収も400万円近くに達しています。
看護師全体だと平均月収は450万円ほどとなっているため、特に女性の多い職業としてはかなり給与が恵まれているといえます。
看護師の中でも400万円から600万円程度稼いでいる方が多いとされています。

ただし、看護師の給与が高い理由として、労働時間が長くて、夜勤も多いという理由があります。
夜勤をすれば手当がもらえるために給与は高くなるのですが、心身への負担は大きいため、労力に見合ったお金をもらっているかどうかは人それぞれ感じ方は異なるでしょう。
辞めていく方も多く、新卒で就職して定年まで働き続ける方は珍しいです。

看護師の給与のうち基本給に関しては他の仕事とそれほど大きな違いはありません。
各種手当の割合が大きくて、その結果として給与が高くなっているのです。
夜勤手当や休日手当などがあり、特に夜勤手当は3万円以上ももらえるケースがあります。

したがって、毎日平日の昼間しか働かないような看護師の場合は給与はそれほど高くはならないでしょう。
安定した環境の中で仕事を続けることができるため、お金に困ることはありません。
急にリストラされるようなことも滅多にないでしょう。

看護師の給与傾向

看護師の給与の特徴として初任給がとても高いです。
初任給はいきなり25万円程度もらえるケースがあるため、他の仕事と比べればかなり高いです。
しかし、最初の給与が高いためにそれ以降給与の上昇傾向は緩やかとなっています。

40代や50代頃になってもそれほど高収入を得られるわけではないのです。
もちろん、何らかの役職につくことができれば収入は高くなります。
看護師は若い頃から定年まで安定して同じ程度の収入を稼ぎ続けられる仕事だと考えると良いでしょう。

正職員として働く以外にもパートやアルバイトとして看護師をする方がいるのですが、そちらはかなり恵まれています。
一般のパートやアルバイトよりもかなり高額の収入を得られるでしょう。
基本的には勤務先の規模が大きくなるほど年収は高くなりやすいです。

たとえば、勤務先が1000人以上の規模の場合は平均年収は500万円を超えています。
勤務先や働き方によって看護師の年収は大きく変動します。
自分がどれくらいのお金を稼ぎたいのかによって働き方を変えるとよいでしょう。
平均年収が400万円を超えているため女性の一人暮らしでも生活に困るようなことはまったくありません。