介護看護師の厳しい所

滝に渡る内容

看護師の仕事はとても大変なものです。
医療現場では人命を扱っているため、看護師は大きな責任を感じながら仕事をしています。
それは一般の方が想像しているよりもはるかに大きなものであり、苦しんでいる方も多いです。

普通の方でも看護師とはとても大変な仕事であると理解しています。
しかし、具体的にどのような部分が大変なのかを正確に把握している方は少ないでしょう。
まず、看護師の仕事というのは非常に多岐にわたります。

雑用的なことから患者に直接関わる重大な仕事まで行います。
そのため、きちんと考えて行動して、計画的に仕事をこなしていかなければいけません。
1人で何人もの患者を受け持つことは珍しくありません。

それぞれの患者がどのような状態であるのかを常に把握している必要があります。
患者とコミュニケーションを取ってみて、ちょっとした変化に対しても敏感に感じ取ることが求められます。
何らかの異常が見つかったらすぐに医師に相談をしなければいけません。

何かがあってからでは遅いのです。
医師が患者と接している時間というのは短く、常に患者のことを見ていられるわけではありません。
したがって、患者の異常を察知できるのは看護師だけです。

看護師が迅速な対応をしたことによって、患者の命が助かったという例はたくさんあります。
さらに看護師はその日にやらなければいけないことがたくさんあり、不測の事態が生じることも珍しくありません。
すべてが予想通りにいくことの方が珍しいため、常に頭をフル回転させて仕事をする必要があります。

自分の体調の管理は大切

看護師というのは患者の健康の管理をすることが大きな仕事の一つとなっています。
しかし、大切なことは患者の健康だけではなくて、自分自身の健康についてもきちんと管理することです。
看護師の中には自分の健康の管理を上手くできなかったために体を壊してしまったという例が少なくありません。

看護師の仕事はとても激務です。
それは日勤と夜勤を繰り返すことが主な原因であり、これによって生活のサイクルが乱れてしまい心身に異常が生じてしまうのです。
看護師にとって責任感はとても大事なことなのですが、責任感のある方ほど無茶な働き方をしがちなため悪循環となっています。

これから看護師を目指す方はできるだけ無理をしないようにして、自分の健康の管理に気をつけるべきでしょう。
確かに患者の健康を守ることは大切なのですが、それによって自分の健康が疎かになってしまっては意味がありません。
どのような医療機関でも複数の看護師が在籍しているはずであり、体力や精神的な限界を感じた時には仕事を休みましょう。
自分の健康を優先させることはとても大事なことです。