誇れる仕事

大きなやりがい

あらゆる仕事の中でも特に誇りを持って仕事ができるのは医療関係の仕事だと思います。
その中でも看護師というのは大きな役割を担っていて、現代医療は看護師がいなければ成立しません。
常に患者の近くにいてさまざまなサポートを行います。

医療チームの一員として医師からの指示のもとに動いていくのですが、臨機応変な対応が求められています。
患者とコミュニケーションを取ることはとても重要であり、患者の不安な気持ちを取り除いてあげたり、患者を勇気づけてあげることも看護師の大切な仕事の一つです。
とてもハードな仕事なのですが、だからこそ大きなやりがいを感じることができるのです。

病院にやって来た当初の患者は体に何らかの異常を抱えていて、普通の生活を送ることが困難になっていることが多いです。
そんな患者を看護師は優しく迎え入れてあげて、さまざまな看護を施して、最終的には元気に送り出すことができます。
自分が世話をしてきた患者の元気な姿を見るというのは、看護師にとっては何ものにも変えられない大きな喜びとなります。

患者からお礼を言われた時には心の底から今の仕事をしていて本当に良かったと思えます。
人のためになる仕事の代表格であり、誇りを持って自分の職業は看護師であると伝えられます。
患者の苦痛を取り除いて、幸せな日常生活を取り戻してあげることは大きな意義のある仕事であり、頑張って続けていこうという気持ちになれます。

覚悟を持つことが大切

このように看護師という仕事はとても素晴らしいものなのですが、軽々しい気持ちで目指せるものではありません。
看護師としての覚悟を持って仕事をする必要があるのです。
たとえば、どんなに頑張って世話をしたとしても、その患者が亡くなってしまうことは少なくありません。

多くの患者の死を間近で感じなければいけないのです。
そのため、看護師の仕事をしていると辛いこともあるのですが、それを乗り越える覚悟が必要です。
人の死を軽く見ることはいけませんが、かといってあまりにも重く受け止めてしまうと看護師の仕事ができなくなってしまうでしょう。

看護師は時には非情な気持ちになって仕事をする必要があり、場合によっては遺族から恨まれるようなことがあるかもしれません。
どのような患者に対しても差別することなく同じような対応を取る必要があります。
患者の中には性格の悪い方もいて、そのような方への対応に苦しむこともあるでしょう。

仕事をしていて自分の力量不足を感じる場面はたくさんあり自信を失ってしまうこともあります。
しかし、どのような状況に陥ったとしても、自分が看護師であることの誇りを忘れずに仕事を続けていこうという覚悟を持つべきです。
それだけの価値が看護師の仕事には存在しています。