快適な睡眠をとるコツ

快適な睡眠のメリット

睡眠時間が人の健康と美容に非常に重要な役割をすることは、既に多くの人が知っているところでしょう。
世界主要都市に住む人で比較をした時、東京の人が極端に睡眠時間が少ないという調査結果も出ていました。
日本に住む成人のかなりの数が、慢性的な睡眠不足状態になっていることがわかります。

ところで人にとっての適切な睡眠時間が何時間であるかという話になると、確実に何時間なら大丈夫ということは定まっていません。
一般的に成人年齢の人の睡眠時間として適切とされているのは7~8時間程度ですが、体質的に短い睡眠時間でよいという人もいれば、長く眠らないといけないという人もいたりします。

ただし毎日6時間睡眠が習慣になっているという人であっても、実際にはそれ以上眠ることが体にとって適切であるため、本人の意識しないところで仮眠を昼間にとっているということもあるでしょう。

快適な睡眠をとることにより、脳や内臓をきちんと休ませることができるという大きな健康効果があるものです。
人は、眠っている時に体の機能を休ませるようになっています。
寝不足の状態が続くということは休みなく走り続ける自動車のようなもので、どこかでオーバーヒートを起こしてしまうことになります。

常に寝不足状態にある人に起こる症状としては、まず集中力がなくなったり、感情のブレが大きくなるということがあるでしょう。
気持ちよく眠っているときに起こされた経験がある人ならわかると思いますが、睡眠時間が十分でないとその日一日なんとなくぼんやりとした気分になってしまったり、小さなことにイライラしてしまうようになります。

徹夜明けにはお肌がかなり荒れていることもよくあり、慢性的な睡眠不足状態になると顔に吹き出物ができたり大きなクマができてしまいますね。

身体を暖かくして早めに寝ること

睡眠を快適にするための方法としては、まずできるだけ早くに寝付くことができる環境を作るということです。

睡眠不足の原因は仕事などで十分に寝る時間がとれないということだけでなく、ベッドに入ってから実際に寝付くまでの時間が長くなっていることがあります。
また睡眠が浅い状態が続くと時間自体は長くても十分に寝たという感触を得ることができず、睡眠不足と同じような状態になってしまうでしょう。

寝付きを良くするための方法として、まず「寝る前に体を温める」ということがあります。
人は睡眠に入ると体温が少し下がるようになっているので、あらかじめ布団や周囲の温度を暖かくしておくことで、体が睡眠に入ったと脳に錯覚させることができるのです。

また、睡眠前のブルーライトは睡眠を浅くさせてしまう大きな原因です。
寝る直前までスマホをいじっている人も多いですが、目の中に強い光を与えてしまうと脳が興奮してうまく寝付けなくなってしまいます。
寝る前にはスマホをいじらない方がいいですね。