看護師の食生活

分かってはいるけれど

601cd51f05f93339b978cffc85c00bf4_s看護師はとても忙しく働いているため、自身の食生活に対して無頓着であることが多いです。
健康のためには食事はとても重要なのですが、看護師として仕事をしていると自身の食事に関してはほとんど意識しないようになります。
そのため、食生活に問題を抱えている看護師は意外と多いのです。

特に野菜が不足している方がたくさんいます。
看護師に対するアンケート調査でも、自分の食生活の中で野菜不足の問題を抱えていることを自覚している方は多いです。
野菜には色々な栄養素が含まれているためきちんと摂取しないと病気になってしまいます。

しかし、日勤と夜勤を繰り返す生活を送っている看護師は、自分で真面目にきちんとした食事の準備をすることは難しいです。
そもそも買い物に行こうと思っても、夜勤明けの場合はスーパーがやっていないために食材を買い揃えることが困難になるでしょう。
したがって、いつもコンビニ弁当ばかりを食べているような方も少なくないのです。

看護師といえどもなかなか自分の健康管理までは上手く手がまわらないことが多いです。
野菜は1日に350g摂取するべきだとされていますが、理想的な量の野菜を摂取している方の方が少ないでしょう。
看護師はとても体力が必要となる仕事のため、いつまでも長く仕事を続けていたいならば、食事には気をつけるべきでしょう。
食事の基本についてはこちらのページで詳しく解説されています。
>>http://www.kyoto-bauc.or.jp/service/food_health/006143.php

食生活のアドバイス

食生活を改善させるためのポイントとして、まず自炊をする習慣を作りましょう。
そうすれば、野菜を自然と摂取できるようになり、それによって疲労回復や便秘解消などの効果を期待できます。
中には野菜不足を解消するために青汁を飲んだり、サプリメントを利用している方もいます。

本当に忙しくて野菜を調理しているような余裕がない場合は野菜ジュースや青汁、サプリメントなどで代用することは可能でしょう。
結婚をしているならば、夫に料理を頼んでみるという方法もあります。
あるいは彼氏に料理を作ってもらうという方法もあるでしょう。

野菜だけではなくて肉や魚、果物といった食材もきちんと使いましょう。
毎日どのような食事を取っているのか記録に取ることもおうすめです。
できるだけバランスよく色々な食事を楽しめるようになりましょう。

看護師というとても厳しい仕事をのりこえていくためには食事はとても重要であることを認識しましょう。
自分の普段の食生活をあらためて振り返ってみて何が足りないのかを考えてみてください。
看護師の方ならば、基礎知識として食生活の大切さやどんな栄養素が必要であるのかを理解しているでしょう。
仕事がハードな看護師は生活が不規則になり食事の内容がおかしくなりやすいのですが、看護師だからこそ食事には気をつけたいものです。