忙しい看護師のまとめ髪テク

髪型の悩み

ナースのシンボルともなっていた「ナースキャップ」ですが、現在では多くの施設で廃止の動きが見られています。
もともと現場で勤務するナースにとってナースキャップは扱いづらく、髪を傷める原因にもなっていたことから廃止の動き自体には反対はしないのですが、反面で自由度が高くなった分ヘアアレンジに苦労することが多くなってしまいました。

まず、どうしてナースキャップが廃止されるようになってきたかということを説明すると、ズバリ「看護師の業務に必要がないから」です。
ナースキャップやいわゆるナース服とされるタイトスカートは、見た目こそナースらしくてよいのですが、実務ではかなり不便な点が多くありました。

特にナースキャップは頭の上に盛り上がった部分ができてしまうことで、かがんだときに点滴台や検査機に引っかかってしまうことが多かったのです。
頭に乗せるデザインになっているナースキャップは固定するためにちょっとしたコツが必要な反面、特に衛生上役に立つというわけでもなかったので、あくまでもシンボルとしての役割しかありませんでした。
そこで現在ではナースキャップがある方が実務が困難になるとして、廃止をする動きが高まってきています。

話を最初の髪型の問題に戻すと、今度は問題になってくるのがキャップがなくても邪魔にならない髪の毛のスタイリングです。
看護師としての仕事はかなり体を動かすことが多いので、ロングヘアの場合はそのままにしているとかなり邪魔になってしまいます。

そこでおすすめとなるのが、おしゃれでかわいくまとめることができる方法です。

おすすめのアレンジ方法

ただ邪魔にならないようにするのであれば、一つまげを作ってそれを丸めてしまえばよいと思う方もいるでしょう。
しかし、それでは常にひっつめの状態になってしまい、髪にも頭皮にもよくありません。
そこでおすすめのアレンジとなるのが簡単にまとめる方法です。

まず簡単なものとして、最初にゆるめに一つまげを後ろで結んだところで、結び目の中央付近で髪を分けて穴を作り、その中に結び目を入れて一回転させましょう。
その状態で軽く下向きに引っ張るとうまい具合に結んだゴムが隠れるとともに、後ろでまとめた感じの髪の流れができます。
この方法では髪の毛をしっかりまとめるだけでなく、ロングヘアの一部がきちんと垂れて見えるので、清楚な感じを失わずにすみます。

ちょっと時間があるときには、三つ編みを上手に使うという方法もおすすめです。

ロングヘアの顔の両脇をそれぞれ三つ編みにして、それを後頭部の中央で合わせるようにしてまとめていきます。
三つ編みをアレンジすると全体的にまとまりがよく、凝った印象の髪型にしていけるでしょう。

実務だけでなく、毎日のヘアアレンジも楽しみながら看護をしていきたいですね。