看護師のボーナス事情

ボーナスに差が出る理由

看護師は、女性が就業できる仕事の中でも給与水準が高い職業として知られていますね。
ですが同じ看護師として勤務をする人たちの中でも、実際にはかなり年収に差があるというのが実情です。

看護師の年収額を大きく分ける要因がボーナスの額です。
ボーナスは一般企業でも額に差がついてしまうものですが、看護師の場合は勤務時間が不規則なことも多いため、同じ施設内でも額が異なるということもよくあります。

まず看護師のボーナス額に大きな差がつくのが「勤続年数」です。
勤続年数だけでなく、他の施設から転職をしてきた場合、看護師としての勤務年数がそのままボーナス額になってくるということもよく見られます。

というのも、看護師の仕事は学校を卒業して資格試験に合格したあと、どういった経験をしていくかによりキャリアが大きく変化していくからです。
特に専門的な知識が必要になる外科や循環器科などでは、勤務実績がそのまま給与額に反映されるようになってきます。

実際に同じ総合病院の中でも新人ナースとベテランのナースとでボーナス額が2倍近く異なる場合もあります。
まずは看護師資格を取得したら、より専門的な分野の知識を得る努力をしていくことがおすすめです。

また、ボーナス額の計算は基本給の何ヶ月分かにより計算をされることがよくあるので、基本給が多い施設ではボーナスが多く、逆に基本給が少なく夜勤などの手当が多くを占める場合はボーナス額も減少する傾向となります。

ボーナスの平均額と施設ごとの傾向

看護師の平均的なボーナス額としては、夏で20~40万円程度、冬は10~40万円程度です。

これは前述のように勤務をする医療施設の基本給によって差額が出ることも関係していて、平均として見ると国公立病院に比べて私設の診療所の方が高くなる傾向があります。
特に地方の国公立病院の場合、経営状態がかなり悪く公的な補助金がなければ閉鎖寸前となっていることもあるので、当然のことながらそうした施設ではボーナスの査定額も少なくなるでしょう。

一方で、ここ近年非常に多くの給与が支払われているのが美容系のクリニックです。
美容系クリニックは一般の病院と異なり、健康保険制度の対象外となっている自由診療扱いになる治療を行っています。
価格設定が施設によって異なり、人気の施設は当然収入も多くなるのです。

ただし、個人系のクリニックは看護師の採用人数も少ないので、経験のあるベテラン看護師が優先されるでしょう。

一見同じように見える病院や診療所でも、経営状態によりかなり給与額が異なってくるので、年収を増やすために転職を考えているという看護師さんは、その点も十分に注意して選ぶようにしてください。