理学療法士

身体機能を回復させる

理学療法士は、病気や事故で体に障害を負った人、高齢によって身体機能が衰えた人などを、医師の指示の元でリハビリを行ない、運動能力を回復していくのを手助けするのが仕事です。
歩く、座る、立つなどの体の基本的な機能回復をサポートしてきます。
そのために体の構造機能を熟知し、それぞれの人にあったリハビリ計画を立てて、運動療法や物理療法を取り入れ、体の機能を回復するとともに、効果的に機能を引き出します。

運動療法では、運動を行なって体を動かすことで、関節をスムーズに動かしたり、筋肉を使って筋力を取り戻したりします。
麻痺や骨折で歩行が困難になっているような方に対しては、歩行訓練のリハビリを行ないます。
物理療法では、温熱や電気刺激、赤外線など、薬物は使わず物理的な手段により治療を行ないます。

単独でリハビリを行なうこともありますが、他の医療チームと連携することも多いです。
歩行訓練では、歩くという動作を訓練するために、他の医療スタッフとの連携がリハビリを成功させる鍵ともなり、このような連携が必要になる場面は多数あります。
また理学療法士が24時間サポートすることは難しいので、やはり他の医療スタッフとの連携が必要です。

またリハビリを行なっても、なかなか思うように回復が進まないことも多く、そのために理学療法士としても辛い時期が続くこともあります。
そんな辛い時期も患者様と一緒に乗り越えないといけない場合も多いです。

勤務先としては、代表的なのが病院であり、入院施設やリハビリ施設を備える総合病院、整形外科などでも理学療法士は必要とされます。
リハビリテーションセンター、老人ホーム、障害者施設などと、このような福祉施設も勤務先です。
また求人は多くないですが、スポーツジムやフィットネスクラブ、さらにスポーツ選手のリハビリを行なう、スポーツトレーナーになる方も少数います。

理学療法士の資格取得方法

理学療法士になるには、国家資格が必要であり、試験を受けないとなりません。
試験を受けるための受験資格を得るには、理学療法士の養成課程がある大学や短大、専門学校で学び、所定の課程を修了します。
そして卒業後に、理学療法士の試験を受けて合格すれば資格を得られます。

理学療法士の方でも、作業療法士の資格を得る方も多く、心の動きなどについても知識を得られますので、人の身体機能の回復を図るときに、心身から総合的にサポートできます。
このどちらかの資格を持っていると、学校での単位免除を受けられることも多く、資格を活かして勉強しやすいです。
ただこの2つの資格は同時には得られませんので、どちらかを先に取得し、次にもう一方の資格取得のための勉強を行なうことになります。