薬剤師

医薬品のスペシャリスト

人々の病気や怪我を治すために薬を調合し、また研究するのが仕事です。
一般的に知られているのが、調剤薬局で働く薬剤師であり、調剤とは医師の処方箋を元にして正しく薬を調合します。
そして医師の処方箋に間違いはないか、また患者様に薬を手渡すときに間違いが無いかと、確認する役割もあります。
最終的には患者様に薬を手渡すときは、調剤した薬剤師とは別の方がチェックし、このように何重ものチェックで、ミスを防ぐような仕組みとなっています。

病院で働くような薬剤師もおり、沢山の入院患者様や外来患者様がいますので、そのような方に薬を調合します。
また薬を受け取った人に、どのようなタイミングで、どれぐらい飲めばいいのかという服薬指導を行なうのも重要な役割であり、これは調剤薬局で働く薬剤師の方も行ないます。

患者様が正しく薬を飲んでいるのか、アレルギーは出ていないのか、妊婦の方なら影響や副作用はないのか、などもしっかり確認しないとなりません。
患者様に副作用が出ないように、その人の体質を把握し、調剤するようにします。
薬を安全に使ってもらうために、医者と患者様の架け橋ともなるのです。

薬剤師はその他の場所でも働くことが出来ます。
製薬会社や大学の研究室で治療薬の研究を行なったり、製薬会社の医薬品情報担当のMRとして働いたり、厚生労働省などで公務員として働くことも出来ます。
ただこれらの場所は募集人数が少ないので、簡単になれるような職業ではありません。
また市販薬を扱うドラッグストアでも働くことは出来、こちらは全国で募集はあります。

6年制大学に行かないとならない

薬剤師になるならば、少し前は大学で4年間勉強すれば資格取得は可能でしたが、今は大学で6年間勉強しないとならず、薬学系の大学に行く必要があります。
これは薬剤師に、より専門的な知識が求められるようになったためです。
全国に私立から公立まであり、公立の方が学費は安いです。
また偏差値も30台のそれほど入学は難しくない大学もありますが、入学後は通常以上に勉強を行なうことになります。

そしてこのような大学を卒業すると、薬剤師の国家試験を受けることが出来、合格者に資格が与えられます。
6年間大学で勉強しますので、4年制大学に入るよりも学費は多くなり、1千万円を越えることもあります。

薬剤師の数は近年急激に増えており、このペースで増えていくと、今後は薬剤師が余ってしまうと言うことが起きます。
そのために、収入の多い職業として人気もありますが、徐々に給与は下がっていく可能性も考えられます。
さらには薬剤師になるためには、多くのお金を必要としますので、それに見合った収入を得られなくなる可能性もあります。