歯科衛生士

歯科医師をサポートする

歯科衛生士は、歯科医師と共に患者様の口の中の健康をサポートして治療するのが仕事です。
歯科医では歯科医師の他に、歯科助手もいますが、こちらは資格無しで仕事の出来る職種であり、患者様の口の中の治療は直接は行えません。
これに対し、歯科衛生士は、国家資格であり、患者様の口の中の治療も行えます。

仕事内容としては、歯科予防措置、歯科診療補助、歯科保健指導の3つに分かれます。

・歯科予防処置
虫歯や歯周病を予防するのが仕事であり、歯垢や歯石などの除去、フッ素塗布などを行ないます。
歯石は歯ブラシでは取り除くことは出来ませんので、歯科衛生士が専用の器具を使って除去します。

・歯科保健指導
虫歯や歯周病にならないために、日頃の歯磨きの正しい方法を指導するのが仕事です。
歯科医院で行なう以外にも、学校や介護施設でも、対象者に対して指導することもあります。

・歯科診療補助
歯科医師の指導のもとで、医療行為をサポートするのが仕事であり、歯科医師が少なく仕事が多いような医院では、歯科衛生士が行なう範囲も広くなり増えます。
歯の型を取る、診療器具の滅菌や準備、レントゲン撮影などがあり、医院の清掃や受付なども歯科衛生士の仕事です。

歯科衛生士として働く方では、歯科医院での勤務の方がほとんどであり、総合病院や保健所、企業の診療所などでも、僅かではありますが働く方はいます。

歯科衛生士の資格取得方法

歯科衛生士になるには、国家資格が必要であり、国家試験を受けて合格しないとなりません。
歯科衛生士養成の短大や専門学校に3年間通い、創業後に試験を受けます。
1年目は講義中心、2年目は基礎実習、3年目は応用的な内容を学んでいきます。
多くの歯科衛生士は専門学校や短大を卒業しますが、大学でも歯学部のあるようなところもあり、こちらは4年制ですが、同じく歯科衛生士の資格を得られます。

試験は歯科に関することや、人体に関する内容であり、毎年合格率は95%以上なので、学校で学べば十分に合格できる内容です。
試験に合格すると資格を得られますが、歯科衛生士として5年以上勤務経験を積むと、ケアマネジャーの受験資格が得られます。

歯科衛生士になるには、手先が器用であるというのは必須です。
口の中の治療や清掃を行ないますので、狭い空間で正確に歯科医療器具を扱えないとなりません。
口の中はライトを照らすとしても、暗くなり見にくい部分も多いので、より正確に器具を扱うスキルが求められます。
乱雑に口腔内清掃を行なうと、唇などが傷つき患者様に痛みを与えるので、そのあたりの加減も必要です。

また歯科医院にはお年寄りから子供まで、幅広い年齢の方が来ますので、そのような方々とのコミュニケーションも必要となります。
最近は高齢化により、自宅や福祉施設を訪れて口腔ケアを行なうような場合もあり、歯科衛生士の役割は広がり変化してきています。