臨床工学技士

医療機器のスペシャリスト

臨床工学技士は、生命維持管理装置の操作を行なう、そのような機器の保守点検を行なうなどが仕事であり、操作では医師の指示を受けて行ないます。
臨床現場は多くの最新医療機器に支えられており、その中で臨床工学技士は、医療機器を操作し、安全使って保守点検します。
年々医療機器は高度になり複雑になっているので、臨床工学技士はこのような機器を扱うスペシャリストとしてチーム医療には欠かせない存在です。

臨床工学技士の業務内容は、医療機器を扱うことですが、その対象となる医療機器は多数あります。
血液浄化療法では、体内の老廃物などを代謝する機能が弱った患者様に行なう治療であり、血液透析療法や血液吸着法で対象の医療機器を扱います。
高気圧酸素療法では高い気圧を発生させる高気圧酸素機器を扱います。

手術室での業務もあり、数多くの機器のある部屋なので、手術を安全に行なうための操作や事前の管理をします。
また手術中に使用するような医療機器も操作します。
集中治療室でも業務もあり、人工呼吸器や除細動器の管理や点検を行ないます。

そして重要なのが院内で使用されている医療機器全般の安全を確保することであり、定期点検や終業点検を日常的に行ない、いつでも院内で安全に使用出来るようにしておきます。
ある意味では、臨床工学技士は整備士として、病院で働く役割があるとも言えます。

臨床工学技士の資格取得方法

臨床工学技士になるためには、国家資格なので、試験に合格しないとなりません。
臨床工学技士の養成課程のある大学や短大、専門学校で学ぶと受験資格を得られます。
学校には3年間通う必要がありますが、臨床検査技師、診療放射線技師、看護師のどれかの資格を持っていれば、1年間で済みます。
そして学校卒業後に、臨床工学技士の試験を受けて合格すると資格を得られます。

臨床工学技士の勉強をするための学校はいくつかあり、専門学校だと3年制であり、大学になると4年制になります。
大学に行くと英語の論文を読むようなこともありますので、英語の力も身につけたいような人にもおすすめです。
また大学卒業となると、専門学校や短大卒業の方よりも、若干給料は高くなっています。

試験の難易度としては、合格率は例年70~80%ほどであり、それほど難しい内容とはなっていません。
学校でしっかりと勉強をしていれば、十分に合格は出来ます。

就職先としては、透析クリニックが多いですが、公立病院や民間の病院での募集もあります。
有資格者はそれほど多くはない反面、ニーズはありますので、就職先は見つけやすいでしょう。
最近は生活習慣病の患者様も増えており、透析患者も多くなっているので、ますます需要は増えています。